ハーブクラブ  大和高原のレストラン

aohani.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 11日

大和茶伊川さんのダウンジャケット

モンベルルームの中に引きこもっているのがもったいないくらい、
いいお天気が続いています。
ウグイスの鳴き声も聞こえてきます。
平日はゆったりとした時間が流れています。

今日は、
あおはにモンベルルームのすぐ近くの山添村で、有機栽培で大和茶を作っておられる伊川さんが、ハーブクラブに来られました。

伊川さんのダウンジャケットはモンベルのライトアルパインダウンジャケットです。
以前のモンベル奈良店での大和茶のイベントのと同じ。
ダウンジャケットの下は、Tシャツでした。
「その着方、今の季節にちょうどいいかも!」
昼間は暖かいし、でも夕方は寒いし。
朝夕の冷え込みの厳しいこの辺りでは、まだまだダウンジャケットは必需品。
薄いTシャツの上に直接着るライトアルパインの肌触りは気持ちがいいと思います。

そんな伊川さん。
ライトアルパインジャケットは毎日着ておられる、ということで汚れるのもきっと早い。
ので、
モンベルのダウン用洗剤で洗濯もされてます。
でも、
伊川さんの洗濯はフツーの洗濯とは違いました。
ダウンジャケットはあまり脱水はしないほうがいい、と伊川さん。
軽く絞ってそのまま干されました。
が、
山添村は、とにかく寒い。
今年の冬は特に寒かった。
水分をいっぱい含んだダウンジャケットは、凍ってしまってカチコチに。
乾かすどころか、まず解凍。

初めて聞く、凍ったダウンジャケットの解凍話。
おもしろいのと、あきれるのと、、、。
しかし、
そんな過酷な目にあっているとは思えないほど、形も崩れてないし、伊川さんはとても着心地よさそうに着ているし、
モンベルのダウンジェケットは、いろんな方のところで
いろんな着方をされているんだぁ、、、。

伊川さんに大和茶のことをちょこっと教えていただいている間、
ずっと昔に泊めてもらった、中国の雲南省の少数民族のお茶の農家のことも思い出しました。

中国にいる時は、中国のお茶を。
日本にいるときは日本のお茶を。
奈良にいるときは、大和茶を。
その土地で採れるものが、一番口に合う。。。と思います。
[PR]

by aohani | 2008-03-11 22:07 | モンベルルーム


<< 青葉仁とモンベル      外で飲むコーヒーの味は? >>